ビル内の省エネ対策を考える|さまざまな方法を大公開

クリーンな自家発電

エコ

ゴミ減らしにも貢献する

バイオマス発電は、エネルギーの自家生産と廃棄物の減量を同時に実現できるとして注目を集めているシステムです。バイオマス発電は火力発電の一種ですが、石油や石炭といった化石燃料を使用しない点に特徴があります。燃料には大きく分けて2種類あり、1つは栽培作物、もう1つは廃棄物です。これらを燃やし、そのエネルギーで発電タービンを回します。燃料となる栽培作物にはサトウキビ・とうもろこし・海藻類などがあります。いずれも繰り返し生産することができ、また栽培期間中に大気中の二酸化炭素を吸収することから、燃やしてもトータルでは温室効果ガスの排出がゼロになるクリーンなエネルギー源として認められています。もう1つの廃棄物には、さまざまな有機ゴミが含まれます。よく知られているのは林業や木材加工業において排出される間伐材や木くずなどですが、他にも残飯・動物の糞尿・下水汚泥などが利用可能です。バイオマス発電の方式には、原料を直接燃焼する方式、高温で蒸し焼きにした際に発生する熱分解ガスを燃焼する方式、原料を発酵させることで生じたメタンガスなどを燃焼する方式の3種類があります。導入時には、原料の種類や量、必要な発電量などに応じて最適な方式が選ばれます。バイオマス発電は再生可能なエネルギー産出システムであり、原料も国内で調達できることから、国や関係機関が積極的に普及を促進しています。導入に際しては、各種の補助金制度が利用可能です。