ビル内の省エネ対策を考える|さまざまな方法を大公開

工事

いい業者を選べば成功

マンションの大規模修繕にかかる費用を下げるためには、入札や公募を利用すると良いですが、費用だけで比較せずに実績が豊富で技術力がある業者を選ぶようにしてください。選択が難しいと感じるときにはコンサルタントを頼む手段もあります。

エコ

クリーンな自家発電

バイオマス発電は、サトウキビなどの栽培作物や木くず・残飯などの廃棄物を燃料とした広義の火力発電システムです。再生可能でゴミの減量にもつながるとして注目されています。導入に際しては国等の助成制度が利用できます。

ビル

環境保護とコスト削減

企業で大規模な省エネ対策を取るなら、ビルに地域冷暖房設備を設置しましょう。通常の空調設備よりも必要なエネルギーが少ないので、省エネを実現できます。また、冷暖房費を抑えることができるので、コスト削減にも繋がります。

費用対効果を考える

建物

ビルを所有している場合、そのビルの省エネ対策は重要な対策になる。ビルの省エネ対策を行うことで、電気代削減などの経費削減に繋げられるメリットがあるためである。事業者の電気代契約では、最大使用電力に応じて基本料金設定されていることが多いため、瞬間最大の電力を抑えることで、電気の基本代金の削減にもつなげられる。ビルの省エネ対策には、様々ありコストを掛けて行う対策や既にある設備の状態で行う対策などがある。設備を設置して行う対策では、太陽光発電設備を導入することや、ビル内の熱を循環させて活用する方法などがある。これらの省エネ対策では、初期投資で大きなコストがかかる傾向があるが、導入後長い期間使用し続けることで、トータルのコストを抑えることが可能になる。既にある設備のままでの対策としては、使用していない個所のエアコンや照明を消すことで使用しないなどの対策がある。フロアや廊下で使用していない部分などは電気を消すなどの対策を行うことで省エネ化できる。また、照明の間引きを行うことや、LED照明に置き換えを行うことでも省エネ対策になる。LED照明への置き換えでは、既存の電気設備はそのままでライトのみ交換するだけで済むなど簡単に対策でき効果も大きいということがある。その他、外気の影響をできるだけ受けなくするために日よけを設置するなど簡単な対策でも、ビル全体としては大きな省エネ効果をもたらせる可能性が有る。